脱毛機の種類について

脱毛機ダイオードレーザーは製造会社によって当然ですが名前が違います。



医療脱毛でしか医療用レーザー脱毛機は取り扱いできませんので一般的にダイオードレーザーが主流ですが、クリニックによっては製品名で紹介していることがあります。


ライトシアーデュエットはルミナス社製造の最新型脱毛機です。
最速で痛みが少ないのが特徴で、ヘッドが大きく皮膚の広い範囲を一気に照射できます。


医療クリニックでも大人気のモデルで入荷が間に合わないほどです。

ダイオードレーザーは半導体を利用して製造されているので波長の変更が可能で、部位によって使い分けることができます。アレキサンドライト755ナノメートル、ダイオードレーザー800ナノメートル、ヤグレーザー1060ナノメートルと波長が異なります。

アレキサンドライトは日本人の肌質に会っていますし、ダイオードはメラニン色素に強く反応します。



ヤグレーザーは毛母細胞の深部にまで届くのでVIOなどの剛毛の部位に向いています。世界で一番利用されているのはアレキサンドライトで日本で一番トレンドなのはダイオードです。



ヤグレーザーはYAGレーザーと呼ばれており、VIOなどの色素沈着のある部位や濃く太い毛に対応できます。第4世代のレーザーですので導入しているクリニックは希少ですから導入していることをアピールしているはずですし、医療レーザーでも効果が無かったという方は試してみる価値があります。幅広い毛質に対応しているのが特徴で敏感肌の方でも脱毛可能です。